こんなものを貰った_03 : Spirits of England

外出先から戻ると、机の上に小さなパケットが届いていた。
それはロンドン在住のイギリス人友人から、私へのバースデイギフト。
そこで私は喜びにはやる気持ちを押さえながら、パケットに冷静な視線を向ける。

ーーー はて。今年はどういう趣向できたのだろう?

彼女は出会ってからこれまで、私への誕生日とクリスマスのギフトを、一度もかかさないで送ってくれるのですが、そのどれもがいつもとてもユニークなアイデアで、あけるたびに心地よい驚きがあるのです。例えば、ある時はデザインウィークで発見したらしい、小さなおもちゃだったり、ある時はそのシーズンでしか手に入らない小さなチョコレートだったり。時には、これは一体どうやって使うんだ?というものもあったりするのですが、きちんとオチが分かるように解説もつけてきます。

贈り物を選ぶのは、もっとも楽しく、同時にもっとも難しい買い物でもあります。相手のことを思って、相手に気に入ってもらいたいという気持ちで、球すじを考えるけれども、これ!という球を打ち込むには、その相手がぎりぎりフォローできるレヴェルも考慮しなければなりません。相手が上級者だと、まっすぐな球ばかり投げていては、簡単に返されてしまうし、逆にこちらがどんなに変化球が上手でも、相手が受け止められなければ、恐怖の印象だけを残してしまう危険性も。

そういう意味で、彼女は非常に高度なテクニックをもったバランスのいいプレーヤー。
私に対しては、ズバッといい球を投げてきます。

さて、今回の球は、古きよきイングランドを、彼女らしい直球にみせかけた変化球で打って来たようです。そこには私が出国前日にデパートを駆け回って買い求めた、大好きなラベンダーソープも入っていました。ムムウ、お主いいところを突いてくるのう。

このように義理堅く、でも決して直球ではない投げ方は、私が経験してきたイギリス文化の最も刺激を受けた部分でもあります。
ユーモアのある、まじめなやさしさ。
その高度な「対話」に触れることで、私はかの地で経験した「異文化」と対峙した時の驚きと刺激を、いつも鮮やかに思い出せるのです。

そして直ちに私も返答を考えます。なぜなら彼女の誕生日もこれまた同じ月の数週間後というなかなかニクいタイミングにあるからなのです。球えらびは、これがどうして、なかなか難しいのだけれども、これをやらずして、どうして日本とイギリスの友好関係が保てるというのか!?(笑)

勝負(?)はいつもイーブン、だと個人的には思っていますので、もうしばらくは、この試合が終わることはないでしょう。さて、私たちのラリー。どこまで続くかな?

なんて素敵なOld England! 暖かくて、懐かしくて、優しいです。

なんて素敵なOld England! 暖かくて、懐かしくて、優しいです。