Posts categorized “diary”.

緑の味

この春から地域の農園で、人生初の家庭菜園に挑戦しはじめてからというもの、
天気予報がとても気になります。
気温が低いと苗の成長が気がかりになり、晴天で気温が高いと土の乾きが気になる、
という状況。
近所のノラ猫達が、我が物顔で畝の上を横切るものだから、
しばらく見ないでいると、土の上に、直径5cmくらいのまるい穴がぽつぽつと空いていることもしょっちゅうで、油断できません。(笑)

そしてこの時期ともなると、そろそろ各人の菜園の様子も違いが明らかになってきます。

年配の方の利用者が多いので、毎日よく手入れをされているところは、植物達もすくすくと元気に育っています。人によって植えるもの、植え方も違い、本当に個性がよーく現れて面白いです。

さて一方、私たちの菜園の様子はどうなっているかというと、
うーむー。。。君たち、成長してる???
ひょろん、としてまだ弱々しい感じだし、
植え付けてすぐ雹の攻撃にあった苗たちはびっくりしてしまったのか
成長を遠慮している感じ??に見えてなりません。

大粒の雹が苗たちを直撃。痛々しい。。

大粒の雹が苗たちを直撃。痛々しい。。

今日のように暖かい(というか、暑い!?)日が続けば
もっと成長してくれるかなあ、と様子を見守っているところです。

それにしても、種をまいて芽が出ることがこんなに嬉しいと思いませんでした。
精一杯葉を広げている緑の新葉をみると、「がんばれー」とつい声をかけてしまいます。
しかし、そのかわいい芽たちをそのまま全部育ててしまうと、
養分が分散して成長が弱まってしまうので、いくつかの元気な芽を残して、残りの弱い芽をとっていかねばなりません。
これが「間引き」の作業。ふふふ。。

まだ本葉がでたばかりの小さな芽たちをみると、
この状態で間引いてしまうなんてちょっとかわいそう、、と思うのですが、
それもつかの間。結局ぷいぷい摘んでしまいます。

でもこの間引き葉は、もちろんムダにはしません。
これがけっこう小さくてかわいいのにしっかり葉っぱの味もあるので、
サラダやサンドイッチの彩り、トッピングにとてもいいんですよ。

ここしばらくは間引きした葉の緑の味わいで、5月の風を感じられそうです。

バゲットにタラモペーストを塗って。彩りはチンゲンサイの間引き菜。タラモの臭みにまだクセの弱いチンゲンサイの緑の味がよいコンビネーション。

バゲットにタラモペーストを塗って。彩りはチンゲンサイの間引き菜。タラモの臭みにまだクセの弱いチンゲンサイの緑の味がよいコンビネーション。

今、この時に思うこと。2011.March

2011年3月11日に発生した宮城県沖を震源地とする大地震と、それに続く震災により被災された方、また関係する全ての方の心労、心痛をお察しいたします。そして、一刻も早い日常生活の復興を心より願ってやみません。

東京という被災地から遠く離れたこの場所にいても、連日の凄惨な映像、飛び交う様々な危険回避の為の緊迫したニュース、電力供給量低下による日常都市生活への制限を目の当たりにすることで、不安が胸の中にどんどん溜まってきます。各人がなんとか緊張の糸を爆発させないよう、頑張っていることを感じます。

Birdsが掲げているコミュニケーションデザインの範囲は非常に広く、今回のような非常事態に際しては、ほんとうにささやかなことしかできません。それでもこの「ささやかなこと」がいつか、誰かの小さな助けになることができれば、その誰かがまたいつか、誰かを助けることができるかもしれない。そう思いながら目の前の自分ができる「ささやかな」コミュニケーションの手段や考えを、こつこつと続け、深めていこうと思います。これからもBirdsの助けを必要として下さる皆さんがいる限り、精一杯お手伝いできることを考え、行動していきます。