今、この時に思うこと。2011.March

2011年3月11日に発生した宮城県沖を震源地とする大地震と、それに続く震災により被災された方、また関係する全ての方の心労、心痛をお察しいたします。そして、一刻も早い日常生活の復興を心より願ってやみません。

東京という被災地から遠く離れたこの場所にいても、連日の凄惨な映像、飛び交う様々な危険回避の為の緊迫したニュース、電力供給量低下による日常都市生活への制限を目の当たりにすることで、不安が胸の中にどんどん溜まってきます。各人がなんとか緊張の糸を爆発させないよう、頑張っていることを感じます。

Birdsが掲げているコミュニケーションデザインの範囲は非常に広く、今回のような非常事態に際しては、ほんとうにささやかなことしかできません。それでもこの「ささやかなこと」がいつか、誰かの小さな助けになることができれば、その誰かがまたいつか、誰かを助けることができるかもしれない。そう思いながら目の前の自分ができる「ささやかな」コミュニケーションの手段や考えを、こつこつと続け、深めていこうと思います。これからもBirdsの助けを必要として下さる皆さんがいる限り、精一杯お手伝いできることを考え、行動していきます。